iOSDev|Certificates(証明書)の更新(2015年版)

2015-06-26

前回iOSDev|iOSDeveloperProgramの更新(2015年版)からの続きです。

まずは自分のMacで新しいCertificates(証明書)を作りましょう。

自分のMacのキーチェーンアクセスを開きます。
キーチェーンアクセスのメニューバーから「証明書アシスタント」→「認証局に証明書を要求…」をクリックします。
0626_001

証明書アシスタントの画面が開きます。
「ユーザのメールアドレス」→AppleDeveloper登録しているメールアドレス
「通称」→なんでも良い。デフォルトのadminでOK。
「CAのメールアドレス」→空白で良い。
「要求の処理」→ディス気に保存をチェック。
入力できたら「続ける」をクリック
0626_002

そうすると「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」というファイルが生成されます。
0626_003

次はAppleDeveloperメンバーシップページに行きます。
0626_004

「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリックします。
0626_005

「Certificates」をクリックします。
0626_006

「Certificates」の「All」を表示させて、右上の「+」ボタンを押します。
0626_007

まずは開発者用の証明書を発行するので「iOS App Development」にチェックを入れ「Continue」ボタンをクリックします。
0626_008

自分のMacからで生成した証明書はありますか〜と聞いてきています。
最初にキーチェーンアクセスで作った「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」の事ですので、そのまま「Continue」をクリックします。
0626_009

開発者用の証明書を生成します。
「Choose File」をクリックして自分のMacで発行した証明書「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」を選択し、「Continue」をクリックします。
0626_010

開発者用の証明書が生成されますので「Download」をクリックしてダウンロードします。
0626_011

「Add Another」をクリックして、同様に配布用の証明書も生成します。
0626_012

署名書が生成できたら、生成されたファイルをダブルクリックすると、自分のMacのキーチェーンアクセスに新しい証明書が適用されます。
0626_013

次回はProvisioningProfiles(プロビジョニングファイル)の更新方法です。
iOSDev|Provisioning Profile(プロビジョニングファイル)の更新(2015年版)

Copyright(c) 2015 AndByYOU INC. All Rights Reserved.