iOSDev | iOSでGoogleMapsSDKを使う

2013-07-01

1. API Keyの取得

1. Google Maps SDK for iOSのステータスをonにする

Google APIs Consoleで画面左のServicesを選択し、Google Maps SDK for iOSのステータスをonにする。

2. API Keyを取得

Google APIs Consoleで画面左のAPI Accessを選択し、Create new iOS keyをクリック。アプリのbundle identifiersを入力し、Createをクリック
2. SDKの追加

1. Google Maps SDK for iOSダウンロード
Version 1.3.1からSDKをダウンロードする。

2. GoogleMaps.framework追加
GoogleMaps.frameworkフォルダをXcodeのFrameworksにドラッグアンドドロップ。(Copy items into destination group’s folderにチェックをつける)

3. GoogleMaps.bundle追加
Xcode上で2で追加したGoogleMaps.frameworkを右クリックし、Show In Finderを選択。Resourcesフォルダの中にあるGoogleMaps.bundleをXcodeのFrameworksにドラッグアンドドロップ。Copy items into destination group’s folderのチェックをはずす)

4. その他のフレームワークを追加
以下のフレームワークを追加。

・AVFoundation.framework
・CoreData.framework
・CoreLocation.framework
・CoreText.framework
・GLKit.framework
・ImageIO.framework
・libc++.dylib
・libicucore.dylib
・libz.dylib
・OpenGLES.framework
・QuartzCore.framework
・SystemConfiguration.framework

5. Build Settingsの変更
TARGETSのBuild Settingsを開き以下の2つを変更

・Architecturesをarmv7に設定
・Other Linker Flagsを-ObjCに設定

Copyright(c) 2015 AndByYOU INC. All Rights Reserved.